top of page

約65年ぶりの瓦葺き替え工事



国平寺はもともと、霊運院という曹洞宗の寺院でした。

霊運院は、1758年に東京・深川の万年橋南詰に建立され、時を経て1920年頃に、東村山の地に移築されました。

東村山に移築後の瓦葺き替え工事は、本堂屋根裏の棟札の記録によれば、1959年に完工。

霊運院改め国平寺が開基したのは1965年なため、国平寺開山後の瓦工事は、今回が初めてとなります。

屋根裏もぼろぼろな状態だったため、今回修繕することを決断いたしました。


新しい瓦は、三州瓦です。

これまでの赤みがかった茶系の色合いではなく、いぶし銀の銀色となります。


工事は、矩義社寺の宮大工さんにお願いをいたしました。

2023年10月に施工開始。

本堂全体を覆う屋根付きの立派な足場が組まれました。

現在(2024年2月時点)は、旧瓦を取り外す作業を終え、屋根のパーツの加工作業の段階に入っています。

新瓦を載せ始めるのは、まだ先になると思われます。


皆様が名入れ・文字入れをして頂いた瓦も、今回の葺き替え工事で大切に使用させていただきます。

完工は、屋根裏の修繕も含め約1年半かかる予定なため、2025年の夏~秋頃になりそうです。


その間、本堂には変わらずご参拝可能です。

皆様には色々とご迷惑おかけいたしますが、ご理解ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


合掌

令和六年二月二十九日 副住職 尹慧性記

Comentarios


bottom of page